INSTAGRAM

BLOG

触れたら、心があたたかくなる。"warm me"な作品をご紹介♪ "alohawarmee"特選映画、今回ご紹介するのはこの映画!

『3月のライオン 前篇』(17年/日 )
監督:大友啓史 出演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶 佐々木蔵之介 加瀬亮 配給:東宝=アスミック・エース

 気付けば暦はもう三月。陽だまりの中にいると、穏やかな温もりの中にじんわりと春の兆しを感じることが多くなりました。今回ご紹介する作品は今月お届けするにはまさに、なタイトルを持つ『3月のライオン』。本作は「ハチミツとクローバー」などの原作者、羽海野チカによる同名漫画の実写映画化作品。3/18(土)からの公開に向けて、主演の神木隆之介くん他、怒濤のメディア露出が行われているようですので、原作を知らない方でもタイトルを耳にしたことのある方は多いのでは?

 本作では神木隆之介くん演じる、天才の呼び声高い若き将棋の棋士・桐山零が新人王トーナメントに臨む様、そして絶対王者である宗谷冬司(加瀬亮)への挑戦者を決する獅子王戦に挑む棋士たちの壮絶な闘いが紡がれていきます。とはいえ、この作品は“闘い”だけを描いた物語ではありません。もう少し砕いた言い方をすれば、主人公の桐山零しかり、本作は「闘うことで本当の“居場所”を得ようとする人々の物語」であるということ。その闘いの雌雄を決するものは、才能であり、才能を持たぬ存在にしたら、血のにじむような努力の有無。もちろん「勝負」には時の運や天命のようなものも関わってくることだし、努力を続けたから、才能があるから、だからすべてを勝ち取れる、というわけにはいきません。

 劇中に個人的に印象深かったシーンがあります。それはとある勝負に桐山が勝ち、その行方をテレビで見守っていた先輩棋士のひとりが浮かべた表情。身近な後輩の勝利に喜びつつも、まるで自分が決して辿り着きようのない場所に先に手をかけられてしまった、そんな複雑な表情を浮かべるのです。ほんの数秒のささやかな描写だけれども、この表情を目にしたときに「ああ、彼が今味わっているであろう“苦さ”のことはよく知っているぞ」と、作品が自分の生活や人生に跳ね返ってくるような感覚を覚えました。

 生きることが闘うことと同義であるならば、本作はより多くの人の胸を打つはずです。何故なら、今何かを目指している人、何かに敗れ去ってしまった人、居場所を探しあぐねて手をこまねいている人。様々な選択や勝負、懊悩の中にいるすべての人々の姿が、形を変えて作品の中に息づいているから。いささか大げさな表現になってしまいますが、そんな間口の広さ、視座の深さが宿る本作。この春休み必見の一本です。

 と、少し硬派な作品紹介の仕方になってしまいましたが、主人公がまるで疑似家族のような交流を持つ川本家の食卓に登場する料理がどれも本当に美味しそうなんです!劇中では度々「ふくふく」という言葉が使われていますが、まさにそんな語感を現すような、春の陽射しのようにやわらかく、温かな彩りの料理の数々。目にも美味しい作品として、観たら必ず心は満たされるはず♪ 4/22より公開される後編と併せて是非ご覧になってみてくださいね。

次回をお楽しみに☆
“Bear”foot
► BLOG

オシャレも楽しみたい!自分らしく素敵に年を重ねたい!女子のために
alohawarmeeでは
「医・食・遊・笑・癒」いろいろなテーマで
「温める」ことの大切さをお伝えしていきます。

女性と冷え

くないのは知ってるけどなんで? なので先生にお話を伺ってきました!

冷えは、代謝を下げたり臓器の働きを悪くしたりするほか、慢性的な痛みのほとんどに冷えが影響しているとも言われます。更に、女性は子宮と卵巣をもち生理周期があるため、月経困難症、月経前症候群、更年期障害、不定愁訴、不妊症、妊娠に対する影響など様々な女性特有の不調が冷えによって引き起こされます。

冷えの原因は大きく分けて二つです。
一つ目は体が作り出す熱エネルギーが少ない事。女性は体内の熱を作り出す筋肉の量が少ないので、もともと体温を上げる事が苦手です。適度と感じる気温が男性と異なるのはこのためです。過度なダイエットは筋肉量を減らし、摂取エネルギーも減るのでより冷えを悪化させます。

もう一つは、自律神経の機能がうまく働かない時。体調を崩している時やホルモンバランス乱れは自律神経の不調を引き起こし、体温調節が出来なくなります。

冷えは二段階で対策をすることが大切。一度冷えてしまった体を温めることは同じ体温を維持するより大変です。ですから、まず体を冷やさないことです。そして、もしも冷えてしまった場合は早めに体を温めて体温を戻します。

冷えは首・手首・足首など「首」という字がついた部位から体に入ると言われます。手足が冷えやすいのは、体の中でより大切な中心部を温めるために、最初に手 足が犠牲となり、血管が収縮して血行不良がおきるからです。そして、手首や足首は季節を問わず普段一番無防備になりがちです。まずは手首・足首を守り、冷えを体に入れないようにすることが有効です。
冷えてしまった体を温めるには、大きな血管を温めることがおすすめです。大きな血管には多量の血液が流れているので、腋の下や足の付け根、首回りなどの大きな血管を温めて、温かい多量の血液を体中にいきわたらせることは体を温めるのに有効です。また、全身をよく動かすことも大切。筋肉量は熱量産生に大切なので、定期的に運動をしてある程度の筋肉量を維持するようにしましょう。汗をかいたら冷えないように 注意してください。

丸田佳奈(まるたかな)

現役産婦人科医 2007年度『ミス日本』。

現役(千葉県の総合周産期母子医療センターに勤務)の産婦人科医という立場を生かし、持ち前の華やかな外見と、親しみやすい性格で、テレビやラジオ、雑誌等メディアを通じ、時には医療サイドの現場にいる医師として情報を皆様に発信している。
美に関する情報も発信中。



下腿はもともと血の循環が良くない部分なので、むくみや静脈瘤ができやすい部位です。
むくんで流れが滞った血管内では血栓ができやすい状況になりますし、この血栓が全身の血管に流れるといろいろな病気を引き起こす原因になります。
他にも、血の循環の良くない下腿に傷ができると治癒するのに時間がかかったり、糖尿病や動脈硬化などの基礎疾患を持つ方は潰瘍ができてしまい、治療するのに難渋することがあります。
下腿を温めるということはむくみの予防にもなり美容的に効果もありますが、このようないろいろな病気の予防にもなりとても有効です。

入谷英里(いりたにえり)

平成16年 杏林大学医学部卒業。同年より昭和大学病院とその関連病院にて形成外科医として勤務。平成27年よりイーストワン皮膚科-形成外科に勤務。
・日本形成外科学会認定専門医
・医学博士
・サーマクール専門医
・所属学会:日本形成外科学会、日本美容外科学会、日本褥瘡学会、日本美容皮膚科学会